ヒートアイランド現象を緩和する効果

都心部ではとくにヒートアイランド現象が年々深刻化しています。道路のアスファルトや建物のコンクリートが日光の熱を吸収し、熱がこもってしまい夜間になっても気温が下がらないままになってしまいます。屋上緑化することでヒートアイランド現象を緩和することが可能です。水分の蒸発によって熱が消費されて、高温になるのを防ぐ効果があります。

直射日光を吸収して省エネ効果

屋上緑化をすることで植物が直射日光を吸収し、高温になるのを防いでくれます。屋上緑化する前はクーラーをかなり強い状態で稼働していたものが、緑化したことによってクーラーを弱い状態で稼働しても快適に感じられるようになるほど効果的です。直射日光が建物の気温を上げていたということがわかります。

建物が劣化するスピードを遅らせる効果

屋上緑化をすることで建物が高温になることを避けられるため劣化するスピードを遅らせる効果があります。緑化をすると直射日光だけでなく、雨からも建物を守ってくれます。屋上緑化をしておくと建物が高温になりすぎたり低温になりすぎたりすることがないので安心です。

空気をきれいにする効果

屋上緑化すると空気を綺麗にしてくれる効果もあります。植物は二酸化炭素を吸収して空気をきれいにする効果があり、緑化を進めることが注目されています。都心部では多くの人が生活しているので、大気汚染も深刻化しており屋上緑化を進めることで大気汚染を緩和することが可能です。

リラックスと癒しの効果

屋上緑化することでリラックス効果と癒しの効果もあります。自然にふれあうことで、心が落ち着きリラックスすることができます。森林浴をしているととても癒されますが、豊かな自然を眺めているだけでも効果的です。

緑が少ない都心部のビル屋上では、屋上緑化が目立ってきました。外気温が少しでもさがるように、自治体の条例で緑化を推進しているところがあります。