どうして壁を緑化するの?

建物の外壁を緑化することを「壁面緑化」と言います。都心部などで特に問題となっているヒートアイランド現象ですが、植物の作用によってこれらの温暖化現象が緩和されることがわかっています。しかし、都心部に余っている土地などありませんよね。緑地公園を造ろうにも造る土地が無いのです。そこで注目されたのが、構造物の壁面です。壁面を有効活用することで土地の問題を解決し、また、ビル群など無味貫通な景観の中に植物の緑が入ることで人々の心に安らぎを与えることもできるのです。

壁面緑化のメリット・デメリット

壁面緑化のメリットの一つに、「植物が直射日光から構造物を守ってくれる」という点が挙げられます。紫外線による建物の劣化を防ぎ、また、外壁の温度上昇を抑える働きもあります。温度上昇を抑えることで室内の空調費を節約できる、という利点につながりますね。そして、植物の蒸散作用により周囲の温度を下げる働きもあります。これらは地球温暖化対策にも効果的なので、壁面緑化を推進する自治体なども多いですね。その他にも落書き等のいたずら予防にも一役買っています。

デメリットとしては、「初期費用がかかる」という点が挙げられます。壁面にネットやワイヤーを張る、といった施工法をとるケースが一般的ですが、パネルを壁面に貼り付ける、といった工法もあり、何れも大きな設置費用がかかります。また、緑化に伴って構造物にかかる負荷も大きくなるため、構造物自体の補強にもコストがかかるケースもあります。その他に、植物の水やりや害虫対策などしっかりとしたメンテナンスが植物には必要不可欠です。

壁面緑化を効率よく行うことで、企業の社会的なイメージをさらに良くすることができることがよく知られています。